0

台湾☆初のアジア旅行

2016年11月3日〜11月6日まで夫婦で台北に行ってきました!

日本に住んでいながら実はアジア旅行は初めてです。仁川でトランジットはよくするんですけどね、空港からは出ていない(笑)。

我が家は2年に1回海外旅行をしています。そして去年ニューヨークへ行ったので今年は海外旅行の年ではありませんでした・・・が、

「旅行行きたいよね。」

「そうだね。京都でも行こうか?」

「京都いいねぇ。」

なんて会話をしていたのですが、

「でも飛行機乗りたいよね〜。」という一言で行き先変更。国内旅行と変わらないコストで行ける台湾急浮上です。

台湾と言えばグルメ天国。小籠包、お粥、水餃子、牛肉麺、ルーロー飯、蝦焼売・・・よだれが・・・。

4日間を端から端まで使う為に選んだのは、11/3朝福岡発・11/6夕方台北発の中華航空です。台湾の航空会社なんですねぇ。中華航空のサイトで予約をする際には、車椅子の情報とどんなサービスが必要かを選択できます。電話でも勿論OKです、日本の支店であれば当然日本語対応なので。他の航空会社では自由に席を選べたのですが、中華航空では車椅子の乗客は真ん中の列の前の方と決めているようです。窓側で外を見たかったです。というのも福岡空港を出発して少しすると、コースによっては私達の家が見えたりするんです。

福岡空港には9時過ぎに到着。車椅子だと他の人よりも先に飛行機に乗り込むし、機内用車椅子への移乗もあったりするので遅くとも1時間前にはチェックインした方が良いです。補足ですが国際線のトランジット(乗り継ぎ)に関してはルールがあって、車椅子の場合1時間55分?の時間を確保しないといけないそうです。なので例えばパリでトランジットしてローマに行く場合、パリに10:00に着けば11:55以降のローマ行きの飛行機でないと予約できません。

img_20161103_091411 img_20161103_092122

車椅子の場合、通常の列ではなくPRIORITYのカウンターで受付ます。Eチケット・パスポート・預け荷物を渡して、搭乗券とクレイムタグ(荷物引換証)を発行して貰いEチケットとパスポートを返却して貰います。あっ、自分の車椅子も搭乗時に預けるので、これのクレイムタグも忘れず発行して貰ってください。ここから職員のアテンドが1名付いてくれます。あとは基本お任せです。手荷物検査・税関・イミグレーション(出国審査)と車椅子用のコースを案内してくれて、特に指示しなければ搭乗口のそばまで連れて行ってくれます。今日は朝食を食べていないので、空港でコーヒーとサンドイッチを・・・軽く腹ごしらえをしていよいよ搭乗です。搭乗の際はいつも飛行機の手前まで自分の車椅子で行きます。そして空港や飛行機によって乗り方がいくつかあるのですが、今回は初めてのヤツでした。1478832192988

リフト付きのタラップ!!

通常はボーディングブリッジから乗るのですが、それ以外の場合はリフト付きバスとかストレッチャー型のイスで抱えて貰ったり、その他色んなケースが有ります。飛行機が離陸すると間も無く機内食が・・・

img_20161103_114635

福岡から台北まで2時間なので映画1本で到着(笑)、近い。あっという間に桃園国際空港に到着です。そうそう、機内で入国カードを書かないといけませんが、台湾は事前にオンラインで入国カードの提出ができます。これ非常に便利なので絶対しておいた方が良いですよ。詳しくは「台湾 入国カード」でググってくださいw。

img_20161103_132659

到着時も職員の方がアテンドしてくれるので安心です。入国審査・荷物受取・税関と非常にスムーズです。しかし桃園空港は広い。もっとこじんまりした空港を想像してました。

さて到着したらまずは換金です。入国ゲートをくぐるとすぐ左右に両替所が見えます。列の少ない方でさっさと台湾ドルをゲット。今回は2人・3泊4日で6万円分です。台湾での移動費用、食事とカード不可の店での支払いの分なので少し多めです。そして次は連絡手段の確保、現地SIMの入手です。ゲートを抜けて入国したら1F左手に進むと通信会社3社が並ぶブースがあるので、今回は台湾大哥大(Taiwan Mobile)にて5日で300台湾ドル(約1000円)のSIMを購入。SIMフリースマホを渡すとすぐに使える状態にしてくれます。

それでは台北駅へ向かいましょう!今年2016年12月にはMRTが開通するので車椅子でも何ら問題ありません。しかし今はまだ11月・・・普通だとここでタクシーかバスとなるのですが、残念ながらバスはステップのあるバスなので車椅子では乗れません。ではタクシー?いえいえタクシーもロンドンやニューヨークの様に車椅子ごと乗れるタクシーはほぼ有りません。台湾人の知人に調べて貰ったら、「皇冠タクシー」という会社が車椅子のまま乗れるタクシーを所有している様です。しかし事前予約はできず当日の利用30分前位に電話して、空いていれば利用できるという何とも使い勝手の悪いものでした。なので・・・今回選んだのはノンステップバス705番(高鐡桃園駅行き)で桃園駅に行き、そこから高鐡(台湾新幹線)で台北駅というルートです。

ではスタート!まずはSIMを買ったのとは逆の右手にまっすぐ進みます。高鉄接駁車と書かれた掲示に従って進めば切符売り場に着きます。切符を購入(約100円)したらその外がバス乗り場です。緑色の705番に乗ります。たまにステップ有りの705番も有りますが、本数自体多いのですぐにノンステップが来ます。15分足らずで桃園駅に到着。

img_20161103_141018

目の前の入り口を入ってすぐ右に切符売り場が有ります。一番手前が車椅子レーンです。障害者割引もあるので日本の障害者手帳は持って行った方がいいですよ。

img_20161112_092859

一人500円位です。桃園→板橋→台北と2駅で着くので本当にすぐです。

img_20161103_144051

車内は少し古い新幹線そのままです。車窓の風景も含めて日本にいる感じ。

img_20161103_150653

台北駅に到着です。この台北駅の中が非常にわかりにくいです。台北駅構内の地図かアプリは事前に用意して行った方がいいかもしれません。車椅子だとエレベーターで1フロア毎の移動を強いられるので、移動しているうちに迷いがちです。

さて今夜のお宿は・・・ホテルRelaxII。台北駅前で利便性が非常に良いです。

img_20161103_151901

ロビーはこんな感じ。室内も広くはないですが綺麗です。シャワールームはこんな感じ。

img_20161103_230842

入り口がシャワーカーテンなので車椅子でシャワーベンチにベタ付けできます。シャワーのレバーが壊れていて着脱可能になってしまってました(苦笑)。

img_20161103_231042

トイレはこんな感じ。こちらも使い勝手は良いのではないでしょうか。

さて4時前なので初日のミッションをこなしに街へ出ます。ホテルを出て台北駅へ。途中台湾らしいこんな店が

img_20161103_155244

台北駅でMRT(地下鉄)に乗って東門駅を目指します。エレベーターはこんな感じ

img_20161103_161625 img_20161103_161801

地下鉄自体も綺麗で正確だし早くて安い。

img_20161103_191701

交通網に関しては台北の方が充実している気がします。エレベーターも1フロアもしくは2フロアのみの上下動というものが多い為、本当にエレベーターが必要な人が使う感じです。台北の地下鉄で観光客が使う可能性が高いのは、赤・青・緑・黄色の4路線だと思います。今日は台北駅から赤の象山方面行きに乗って、3駅目の東門へ行きます。目的地は小籠包の世界的名店「鼎泰豊 本店」。博多にも支店があって行ったことはあるのですが、いつかは本店を訪れて見たいと思っていたので念願叶ってといった感じです。MRTは乗り降りも列車とホームに少し隙間があるもののフラットなのでバックでそのまま乗り込めるし、各駅エレベーター完備で車椅子対策が完璧です。

img_20161103_165610

それと!歩道と車道の段差。完璧に解消されてます。ストレスフリー。ただし歩道自体は、「店の前は店の敷地」という文化の為に店毎に歩道部分の素材も高さも違います。これは歩きにくい。まぁ少し広い道はその横に公共の歩道部分もあってそちらはフラットです。東門から徒歩数分で鼎泰豊本店へ。

img_20161103_164536

いつ来ても行列だそうです・・・この日も夕方4時台だというのに結構な待ち人。この写真外にも結構な人数がいます。私達は車椅子なので1Fを希望。1Fは厨房+レジ+テーブル数卓です。なので普通ほとんどの人は2・3階に通されます。1Fを希望する人が少ないこともあってか私達はすぐに呼ばれて入店。入り口は16-17cm位かなぁ、1段の段差が有ります。スタッフは片言の日本語OKなので困る事は無いです。

img_20161103_165841

日本語メニューや説明書きも有ります。

img_20161103_180121

img_20161103_170318

img_20161103_170229

img_20161103_170759

やはり美味しいですねぇ。小籠包をはじめ汁なし担々麺や空芯菜、かに焼売などどれを取っても旨いです。お腹を満たして次はすぐ隣の小径を散策です。ここは永康街という通りで小さなお店が軒を連ねています。ここで天津蔥抓餅を食べ歩きするつもりでした。しかし、なが〜〜〜い行列。暫く並んでいたのですが全く進まない。10分程で時間が勿体無いので断念。次の目的地「茶藝館 回留」へ。ここはネットで見てとても良い雰囲気だったので是非行ってみたかったのです。5分程歩くと到着。しかし・・・入り口が石と古木を使った小洒落た造りになっていて車椅子では入りにくい。そこで妻が店のスタッフに事情を話すと、庭側の掃き出し窓から入れてくれました。こちらも砂利なので車椅子は通りにくいですが(苦笑)、まぁ手伝ってくれるので何とかなります。店内は思っていた以上に素敵な空間でした。

img_20161103_175533 img_20161103_175518

担当してくださった方は、1年ちょっと前に台湾の方と結婚したというとても感じの良い日本人の女性でした。お茶の説明や嗜み方を一通り教えていただいて美味しい台湾茶を戴きます。

img_20161103_180008

img_20161103_180752 img_20161103_180841

img_20161103_181213

素敵な時間を過ごした後は、再びMRTに乗って赤の象山方面4駅目が台北101駅です。世界第2位の高層ビルです。

img_20161103_192740

近づきすぎて見切れてます(T T)。地下鉄出口からほぼ繋がってます。そして101内でちょっと買い物をして隣の三越、そして微風百貨店へ。巨大商業施設が3F?4F?辺りの渡り廊下で繋がっています。雨が降っても濡れずに移動できます。

img_20161103_204154

今日ここに来た最大の目的は微風百貨店地下に入っているCrate&Barrel。アメリカのインテリアショップで日本未上陸です。ここは日本で言うとボーコンセプトより少し手頃な価格でイケアよりかなり上質な感じです。大物は買えないけど何か良い小物があれば買って帰りたかったのです。

img_20161103_214538

img_20161103_214453

欲しい物が色々有りましたが、購入したのはかなり大きな木の器。大きい物は買わないつもりだったのですが・・・素敵すぎて買わずにはいられませんでした。これで初日の目的は完遂したので再びMRTでホテルに帰ります!帰りはMRT青路線の市政府駅が微風の横にあるのでこれで6駅隣が台北駅です。ホテルの近くで地元の人達でにぎわう食堂があったのでワンタン麺らしきものをテイクアウトして部屋に帰りました。

img_20161103_230906 img_20161103_230613

・・・マズイ・・・。今回の旅行で唯一ハズレでした。2日目は故宮に行く予定でしたがちょっと疲れたので、2日目と3日目の予定を入れ替える事にして就寝。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

twenty − fourteen =