0

タリンは魅力的!

アイキャッチ画像:wikipedia

テレビで北欧ヘルシンキなどの旅番組があると「タリン」という街がよく紹介されます。

この「タリン」という街はエストニアの首都でおとぎの国と言われています。週末にはフィンランドから、多くのフィンランド人が買物にやってきます。フェリー代を払ってもタリンで買った方が安いんですよね。

画像:wikipediaより

我が家もヘルシンキに行った際には、タリンにも足を伸ばしてみようと話しています。

ヘルシンキからはフェリーで片道2時間33€。車椅子の場合48時間前迄に、コチラのフォームから無料アシスタントをオファーする必要があります。当日の待ち合わせ場所は、返信メールで御確認ください。

エストニアのバリアフリー

タリンの歴史地区は古いので、他のヨーロッパの古い街と同じでなかなかの石畳です。でも歩道なら問題無し。中心部のラエコヤ広場にはバリアフリートイレもあります。観光客が多く来る為、小さな店でもスロープ有りの店は意外と有るようですね。ホテルはスリーシスターズにアクセシブルルームが有ります。他にはパークインバイラディソンセントラルも車椅子ok。

旧市街地は日曜休みの店が多いので注意を。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

19 − 15 =