2

ホテルはどう探す?

多くの方は予約サイトで探してると思います。確かに便利だし、条件を指定するだけなので時間も掛からないです。キャンペーンやセールのホテルは安いですしね。

しかしバリアフリーの部屋を予約するのはなかなか大変です。以前はバリアフリーの検索オプションすら無かったりしましたから。要望が多かったのでしょうか、今はかなり細かい検索オプションが有ります。私も要望を送った口ですが。1番検索オプションが充実してるのは多分ここじゃないかな?価格も他サイトと違い総額表示ですしね。

ところがコレ、おそらくホテル側の自己申告で検証がなされて無い様です。直接ホテルに問い合わせると、実態が違った事が多々有りました。まぁそもそも予約サイトには注意書きがされていて、スペシャルリクエスト(バリアフリールームの指定など)は確約では無いんですよね。

しかもバリアフリールームを予約するには、どの部屋タイプを予約すれば良いかがわかりません。一部のホテルはダブルルーム(バリアフリー)とか別枠にしてありますが、殆どはツインなのか、デラックスツインなのか、ダブルなのかわかりません。問い合わせたらシングルルームだったなんて事も有りました。

結局、直接ホテルに確認する必要が出て来るんですよね。そして意外と知られていないようですが、ホテルの公式サイト自体が最低価格保証をしていて最安だったり、独自のキャンペーンをやってるケースも結構あります。バリアフリールームの確約もできますしね。

じゃあ直接予約がいいの?

私はバリアフリールームを確保するなら、直接予約が1番確実だろうと思います。じゃあ予約サイトは使わないのか?というとそんな事はありません。

比較して公式サイトが安ければ直接予約ですが、予約サイトの方が安ければソチラで予約します。ただし事前にバリアフリールームの部屋タイプについては、ホテルにメールで確認します。

実際どう探す?

私の場合は最近は「画像検索」から逆に辿って探す事が増えました。

サンプルでスマホの検索画面をスクショしましたが、[目的地+場所+条件]で検索します。普通ですね。写真では[台北、ホテル、車椅子]で検索していますが、条件を変えて[ロールインシャワー]とか[シャワーチェア]、[バリアフリールーム]などひと通り検索します。それに加えて[taipei hotel accessible]など英語での組み合わせも試した方が絶対良いです。情報量が違うので。

画像でバスルームや部屋の様子を確認しておくと安心して予約できます。文章でエレベーター有りと書いてあっても、小さくて車椅子が入らないとか、バリアフリーと記載されていても部屋の中に段差がある様な事もあったりしますから注意が必要です。

画像で見つけた目ぼしいホテルを、予約サイトと公式サイトで比較して価格チェックもしておきます。その上で良さそうなホテル数軒に同じ内容で英語のメールをします。

  • 宿泊希望日
  • 人数
  • 希望の部屋タイプ
  • 必要な設備(シャワーチェアとか)
  • 自分の身体の状況

上記5項目を添えて、予約した場合の価格を問い合わせます。事前チェックで予約サイトの方が安かったホテルには「Booking.comでバリアフリールームを予約しようと思ってる」などメールの最後にサラッと付け足しておきます。それと上記5項目に関しては文章ではなく、箇条書きにした方が誤解が発生せず良いです。※コレ結構ポイントです。

メールの返信が早い所は、実際の対応も良い事が多い気がします。1番感触の良い所に予約して終了。メールのやり取りは旅行の際持参しておくと安心です。

予約サイトとしては先程リンクを貼ったBooking以外だと価格比較サイトですが

私はこの辺りを利用してます。

Please follow and like us:

2 thoughts on “ホテルはどう探す?”

  1. 車椅子の母を連れて旅行します。御文は共感する事が沢山です。今は新潟の温泉宿を探していますが、バリアフリーをうたっていて、ベットなのに「車椅子は部屋の入り口まで」と何件もの宿に言われて心折れました。何のためのベット?車椅子の人が部屋の入り口で降ろされたらどうすればいいのか、想像して欲しいと思います。せめて、バリアフリー前面にアピールしないで欲しいです。車椅子ってそんなに床や畳を傷付けるのでしょうか?我が家では畳でもズラズラ移動していますが。

    車椅子でも快適に過ごせる宿には本当に感謝します。

  2. コメントありがとうございます。
    そうなんですよね。バリアフリーを謳う宿は多いですが、結局「仏作って魂入れず」みたいな処がよく見られます。手摺りとスロープ付ければバリアフリーの出来上がり!と本気で思ってる方達がいらっしゃるのです、残念ですが。
    新潟ですか!良いですねぇ。日本酒好きなので行ってみたいです。「加茂錦」の無濾過生原酒を呑んでみたいです(笑)。私は博多っ子で東北へは行った事ががないので、良い情報を提供できそうにないですが、旅館を探す際には“新潟 車椅子(又はバリアフリー) 和洋室”で検索されると良いかもしれません。和洋室だと車椅子のまま部屋に入るのが前提なので。和室のみの場合、後付のバリアフリーが多く不便な所が多い気がします。実際、私も入口で車椅子を降りた事があります。ホント困るんですよね。和室が良ければ、今チラリと検索した感じでは、岩室温泉 高志の宿と言う所に「竹亭」という車椅子対応の離れが有るようです。こちらは和室ですが車椅子のまま入れそうな感じがします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

seven + 17 =