0

車椅子で台北旅行2日目龍山寺

今回の旅行は私達夫婦だけではなく、義理の母と姉も一緒です。実はこの旅行最大の目的は義母のルーツを辿る事でした。義母の両親は日本の統治時代に台湾へ渡り、そこで義母を産んだのです。小学校に入る前に日本に戻ったので幼い記憶だけですが、住んでいた周辺の景色は鮮明に憶えているそうです。数年前に義理の父母でその辺りを訪ね、今もそこに暮らす当時を知る人とも逢えたそうです。その方にもお礼をしたいとのこと。まずはMRT北門駅へ向かいます。

徒歩7~8分と言ったところでしょうか。ここからMRTグリーンラインで隣の西門駅まで移動。ブルーラインに乗り換え更に隣の龍山寺駅へ。

龍山寺正面

正門から車椅子で入れますが、手前のスペースのみで奥へ進むには階段が有ります。なので正門ではなく、壁沿いに左へ進みそのまま壁伝いに右折し20m程進むと

左側面の入口

こちらにスロープとバリアフリートイレが有ります。勿論100%バリアフリーとはいきませんが、充分に見て回れます。

龍山寺を出て正門前の公園左側の道沿いで、胡椒餅とハーブドリンクを購入。福州元祖胡椒餅はクセになる美味しさです。このお店超細くて暗い路地奥なので見つけにくいですが、MRT龍山寺駅前大通り手前の天基青草行というハーブドリンク屋さんの横の路地です。

ここから義母の思い出がある老松小学校方面へ向かいます。途中で合興八十八亭で手土産を購入するので新富市場を抜けて行きます。新富市場へ行くには、先程の公園左側の道沿いにある36圓仔店というデザートショップから曲がります。アーケードの市場を暫く進むと右手にブルーの軒が目を引く魚屋さんが現れるので、そこを右折。正面がオシャレカフェのある文化センターでその隣が合興八十八亭です。

手土産をゲットして先を急ぎます。市場を抜け老松小学校周辺を散策。義母がお礼をしたい方の家を訪ねました、、、が!!引っ越されてもういらっしゃいませんでした。隣の工場の方に事情を説明すると、近所の方や当時を知っているかもしれない方を探して下さって、結果90歳台のお婆さんと出会い義母と当時の話で盛り上がっていました、ヨカッタ。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three + four =