0

台湾から友人が来ました!

12月8日から台北に住む友人が泊まりに来ました。彼女は台北の5つ星ホテルで働く日本語ペラペラの女性です。

彼女との出会いは、昨年台湾を訪れる際に故宮博物院への車椅子アクセスを調べていて結局詳細を掴みきれなかったのですが、その時に日本人と台湾人の交流サイトで知り合った彼女が丁寧に調べて教えてくれました。ホント助かりました!日本と台湾は相思相愛?なんでしょうね、交流サイトがたくさん有るので皆さんも旅行前に現地の友人を作ると旅が更に楽しくなりますよ!

実際に台北へ行った際には、故宮博物院までアクセスに困る事も無く、滞在中には僕達夫婦と彼女の3人で食事もして楽しい時間を過ごしました。その後もたまにLINEで近況報告などしあい交流していたのですが、今回初めて博多に遊びに来たのでした。

8日の朝10時に福岡空港に到着。空港から太宰府へ直通バスがあるので、太宰府駅で待ち合わせです。この日の福岡はスゴイ寒波に見舞われ激寒でした。因みに太宰府は彼女のリクエストです。私達の自宅からも近いんです。

太宰府は基本的に車椅子でほぼ廻れます。駅前の一蘭は入れませんけど。。。駅前から参道、天満宮、そこから九州国立博物館までも問題無く行けます。車は駅の近くか博物館の駐車場がオススメ。博物館側だと車椅子用のスペースが23台分あるので便利かな。でも博物館で人気の展示があっているとそちらの駐車場までの道が大渋滞になるので、我が家はもっぱら駅の近く、参道の先にある大駐車場に駐めます。こちら一日500円なり。専用スペースは有りませんが広いので車椅子でも乗り降りに困らないスペースは充分有ります。

さて彼女の乗ったバスが到着し合流してからまずは参道ブラブラです。昼前だったので参道にある蕎麦の名店「やす武」でランチでもと思ったのですが、お腹が空いていないとの事なのでスタバでお茶を。

写真はスタバ公式サイトより拝借。人が多すぎてキレイな写真が撮れなかったので御勘弁。

このスタバ、あの隈研吾設計で良い感じなのです。店舗奥の庭には梅の木が植えられてます。休日はいつも人が一杯。

珈琲で暖まったら再び参道へ。名物梅ヶ枝餅の甘く香ばしい薫りがそこら中に漂っています。一番人気の梅ヶ枝餅屋はかさの家。参道中程で行列ができているのですぐわかるでしょう。

参道のショップを冷やかしつつ太宰府天満宮へと歩みを進めます。参道が終わると牛の像が有り、何故か中国の人達?が牛の鼻を順番に撫でて写真を撮ってました。ロンリープラネットにでも出てるのかな???

天満宮へは太鼓橋を渡るのですが、車椅子では無理なので左側の迂回路を通ります。本殿までは多少凹凸はあるものの、基本的にはスロープなり、面取りがしてあり車椅子で普通に行けます。

お詣りするのも相当久しぶりでしたが、おみくじはそれこそ15年とか20年ぶりじゃなかったかな。ちゃっかり大吉引きました。妻が良縁祈願の御守を、独身の彼女にプレゼントしてました^_^次回は是非カップルで福岡に遊びに来てください!

お詣りの後は、左手の高い方へ向かって進むと博物館への斜路エレベーターが有ります。これで上まで登ると目の前が博物館です。

入場料は障害者手帳があると本人と同伴者1名が無料です。今回は1Fで彼女のチケットのみ購入していざ3F展示フロアへ。障害者手帳はこの展示ルーム入口で提示します。

この日あっていたのはオークラコレクション。ホテルオークラ創業者と2代目が集めた美術品の数々。いやー立派なコレクションでございました!奇遇ですが彼女、台北のホテルオークラで数ヶ月前まで働いていたのです。今は転職して別のホテルですが。

芸術を愛でたあとは、胃袋を愛でる時間です。改めてやす武を訪問。ここもバリアフリーです。ただし車椅子だとテーブルの下に邪魔な横板があるのでべったり近付けないです。まぁ何とかなるレベルだとは思います。あっ、PayPayも使えます。女性陣二人は「お雑煮」私はベタに「蕎麦」を頂きました。この店ホントに美味しいのでオススメです。食後はお茶と梅ヶ枝餅を頂いて終了。

ホントはこの日、夜お鮨を食べに連れて行く予定だったのですが余りに寒いので断念。早めにウチに帰って家飲みする事に、、、。

今年初夏に漬けた梅酒のお湯割りと、妻の作る美味しいオツマミで楽しく夜が更けていきました。

翌日は朝、ゆっくり起きて遅めの朝食をとってから最寄りの駅まで彼女を送りました。滞在中に福岡城址や柳川など巡るようです。

大人になるとなかなか仕事以外で友人が出来にくいですが、旅は日常では出逢わない人と出逢うチャンスです。是非皆さんも有効に利用してください。

 

 

 

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

3 + 11 =