0

ローマからフィレンツェ1日目

今日はフィレンツェへの移動日です。列車のチケットは事前に予約して、sala bluにも連絡済です。折り返しのメールに列車の出発30分前にサラブルーの事務所に来てね!と書かれていたので早めに伺いました。場所はテルミニ駅の改札で「サラブルー」と言えばホーム側に入れてくれるので、入ったら向かって一番左のホームを進んでください。暫く進むとsalabluの文字が見えて来ます。

ここでチケットを見せて名前を言えば、あとは時間まで座って待機です。行った時間が10時過ぎでしたが、職員の方達は日本人に興味津々で激ウマのエスプレッソを入れてくれて、パニーニも焼いてくれました。結局職員の方達が5〜6人集まって来て、「俺は日本人の友達がいるんだ」と言って写真を見せてくれたり、「俺は日本には何度も行ったよ 、また行きたいなぁ」とか「これうちの猫なんだけど名前が『座頭市』なんだよ。勝新太郎はカッコイイよなぁ」と言って勝新や三船のウンチクを話してくれました。しかしイタリア人の飼い猫が「座頭市」で、日本人の飼い犬が「crema」とは可笑しいですね。そんなこんなで雑談をしているうちに出発の時間です。係の人と列車へ向かいます。因みにイタリアではどのホームか直前にならないと確定しません。平気で突然別のホームになったりします。

予約したフレッチャロッサにはこのリフトで乗車します。列車内はバリアフリートイレもすぐ近くで、車内でツマミとジュースも出ますし充電もできます。これは1等車両のサービスですが、車椅子の場合は2等車両で予約して、サラブルーにメールを入れる事で自動的に1等に格上げされます。同伴者も。フィレンツェまでは1時間少々で到着です。

フィレンツェのサンタマリアノヴェッラ駅に着くと、ちゃんと係の方がスタンバイしています。サンタマリアノヴェッラ駅で最初にする事はバスチケットの購入です。ローマのバス会社はATACでフィレンツェはATAF。別物なのでチケットは流用できませんのであしからず。チケット売り場は改札を出て左の出口を出た所に自販機があります。壊れていたらその少し先にチケット売り場の小屋があるのでそちらでどうぞ。さてさてそれでは11番のバスでホテルまで行きましょうかね♪・・・と思っていたのですが・・・11番のバスが来たので運転手に聞くと「そこ(ホテル最寄りのバス停)には行かない」と言われてしまいます。「???」そこで近くの観光案内所で妻が確認すると、やはりそこの方も「11番は今ダメなのよ」再び「???」。あとで分かったのですが、そのホテル近くで大掛かりな道路工事があっていて当面の間11番のバスルートが変わってしまっていたのでした!!!オーマイガッ!今回のフィレンツェは11番バスを軸に移動を考えていたのでヤバババーンです。結局C4という小型バスでピッティ宮の近くまで行き、そこから歩いてホテルへ行きました。この小型バスはC1〜C4まであるのですが、中心部の移動を担う頼れるバスなのです。道が狭く普通のバスは中心部には入れませんからね。あっ、勿論車椅子対応です。さてさて今回のホテルは・・・「Casa Betania」です。少し中心部からは外れますが完全バリアフリーで中は新しく超綺麗です。フィレンツェには完全バリアフリーのホテルはおそらく4軒しかありません。客室がバリアフリーでもエレベーターが小さくて車椅子不可とか、エレベーターの前に階段が数段あるとか、部屋のドアが狭くて入れないなんて所もあります。また完全バリアフリーでも予算オーバーな所もあるので、私の調べた限りでは1泊2万円以下だと2軒しかないのではないでしょうか。因みに今回のホテルは1泊100ユーロです。

トイレとシャワーはこんな感じ。部屋には普通のトイレとシャワーがあって、それプラス隣の部屋が貸切バリアフリーバスルームになっています。修道女の方達が運営されていてものすごく親切です。朝食も毎朝手作りしているケーキや、庭で育てている果物などもあって美味しいです。次回来る時にもここに泊まると思います。チェックインも済んで手ぶらになったので散策に出掛けます。バスでレプッブリカ広場まで行き、そこからメディチ家礼拝堂に向かいます。ところが道を一本間違えサンタマリアノヴェッラ教会前まで来てしまいました。せっかくなので教会を見学。

折角なので世界最古の薬局「サンタマリアノヴェッラ薬局」も覗いてみる事に。

車椅子だとこの正面入り口からは入れません。階段が4段くらいかな?有ります。なので裏から入ります。裏口はサンタマリアノヴェッラ教会に向かって左手に「AMBULANZA」と書かれた救急車が複数台泊まっている駐車場が有ります。その奥一番左のドアが裏口です。この薬局には日本人スタッフも働いているので安心です。中は歴史と伝統の中に洗練された雰囲気が漂っています。因みに香水は日本で買うより3割-4割程度安いです。薬局を後にしてメディチ家礼拝堂を目指します・・・が閉館時間でした、ガ〜ン。日を改める事にして少し早いですが夕食にします。今夜はドォーモ近くのイータリーで頂きます。

ニューヨークでもイータリーには行きましたが、やはりフィレンツェの方が好きです。美味しいしね。これ9月初旬ですがテラス席が最高に快適です。ここから徒歩数十秒でドォーモが見えます。

venchiベンキのジェラートを食べながらブラブラ歩いてホテルまで帰ります。

シニョーリア広場を通って・・・

ポンテヴェッキオを抜けて初日は終了です。石畳はひどいですが歩道は綺麗な所が多いので慰めにはなります。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

one × 3 =