0

ローマ&フィレンツェ出発日

イタリアから先週帰ってきたので、少しづつ旅の様子を書いていきます。

今回は私と妻、午後6:30頃に福岡空港国際線で待ち合わせです。私は14:01発の博多駅行きのバスに乗る為、戸締りを済ませ13:45に家を出ました。西鉄バスはノンステップバスの導入率が低いので事前に電話で問い合わせておきました(当日の朝でないとどのバスになるか確定しません)。定刻にバスは来ましたが・・・スロープの傾斜キツすぎです。乗客の方が手伝ってくださってなんとか乗車。小一時間揺られ駅に到着。まだ3時間以上あるので紀伊国屋で時間を潰します。5時頃になり再び空港を目指す為バス停に向かいます。空港までは10分程度で着くので余裕です・・・が!ここでやられました。国際線直行なので海外からの旅行客も並んでいます。みなさんキチンと並んで待っていたのですが、バスが到着すると同時に並んでいなかった中国人の集団がワーーーっと両サイドから現れ、私や他の旅行客を押しのけて乗り込んだのです。それで満車ですよ!まったく。結局次の便で空港へ向かいました。

その後、予定通り空港で妻と落ち合い軽く夕食を取りチェックインです。いつもは航空会社の方がアテンドしてくださるのですが、なぜか今回はアテンド無し。まぁ車椅子ルートはわかっているので良いのですが・・・。

ここで今回の旅について簡単に・・・

溜まったANAマイレージでイタリア行きのチケットをゲットしました。関空か成田経由でローマを目指しても良いのですが、こちらの方が近いので仁川経由便にしました。同じグループのアシアナ航空です。アシアナはシートがあまり良くないのでお尻が痛くなるんですよねぇ。まぁそれは置いといて・・・仁川のトランジットホテルで一泊して、翌日の昼にローマへ出発です。

このトランジットホテル、今まで数回お世話になっていますがなかなか曲者で、長距離便の乗り場が遠いんですよね。仁川国際空港が広いので仕方ないのですが・・・。ちなみにトランジットホテル利用の場合には韓国入国はしないのですが、新しく空港の建物内にカプセルホテルができており韓国入国の手間が面倒でなければこちらを利用した方がかなり安いです。カプセルホテルと言っても日本のそれとは違い、ちょと狭いホテルです。こちらのバリアフリールームを予約するのが良いでしょう。ロールインシャワー完備ですしね。

車椅子で飛行機に搭乗する際、カウンターで空港の車椅子に乗り換えるか、飛行機のすぐ手前まで自分の車椅子で行くか聞かれますが、ギリギリまで自分の車椅子でいた方が私は良いと思っています。と言うかいつもそうしています。車椅子から車椅子への移乗も負担になりますからね。できるだけ移乗回数は少なくしたいです。

飛行機の座席については最前列は不可ですが、前の方を予約した方が良いです。あくまで一般論ですが機内で乗るアイルチェアは通路幅ギリギリですので、登場口から近い方が移動の負担は軽減します。と言いつつ私は3人掛けは煩わしいので最後尾の2人掛けを好んで予約しますが(笑)。満席でなければ3人掛けの席を2人で使わせて貰うのが一番です。それは搭乗券を発券して貰う際に尋ねてみてください。

Please follow and like us:

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。

three × 1 =